FNS歌謡祭2022/KinKi Kids

2022年12月7日放送のFNS歌謡祭第1夜にKinKi Kidsが出演しました🎉毎年恒例となっておりますが、今回は19時台と22時台で2回出演。久しぶりに円卓芸なども見られて、ファンにとっても思い出に残る回となりました。

リスペクトカバー

まず、ビジュアル!剛くんの髪色!変わってるやないかい!聞いてないねんけど!そんで衣装!ベルベット調?の重厚感のある生地に深い赤と緑のクリスマスカラーのお召し物。

ぽんず
ぽんず

飛天のキラッキラな会場に素敵なおべべ着せられてKinKiちゃんかわいいね🥹

『クリスマス・イブ』

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう

これは、皆さん予想通りでしたかね…?(笑)剛さんの歌いだし、会話かな?ってくらい自然にするっと歌い始めるのに、一言目でその曲の世界観を作りあげて、一瞬で歌の世界に引き込まれます。

直前のSUPER BEAVERさんの『言葉にできない』がロック調でかなり歌い上げる感じでしたので、剛くんの弦楽器のような広がりのある、耳触り優しいお声の響きで一気に曲の雰囲気が作られたなと感じました。

きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ

カ行のオンパレード!個人的には、光一さんにこの歌詞を割り当ててくれた制作さんに大変感謝しているんですけれども。光一さんは、破裂音をかなりしっかりと発音されますから、このワンフレーズだけで光一さんの特徴が色濃く出たのではないでしょうか。

剛さんは光一さんとは打って変わって優しいタッチのカ行で「心深く」。中高音域の声の響きも素晴らしいです。響き方がホルンっぽいなと感じました。「秘めた想い」からは落ち着けて緩急をつけるのもさすがですね。低めの声もグワングワン響かせて倍音がすごいことになってます。

必ず今夜なら 言えそうな気がした Silent night, Holy night

KinKi Kidsのユニゾンいいですね~!イヤホンで聞いてみるとさらに音が重なっています。さっきまでソロパートでは、あれほど個性的な歌い方だったのに、ユニゾンになるとハマるんですよね〜。不思議〜。

まだ消え残る君への想い 夜へと降り続く

またもや私の好きな光一さんのカ行が登場しました。しかも、今回は高音域なのでさらに強め。余談ですが、私は光一さんのギリギリ地声くらいの高音がかなり好きです。「君への」がめちゃくちゃHekiに刺さりましたね。

あれだけ踏ん張って高音出した後に、「夜へと」でちゃんと下がれるのもすごいですよね。余談ですが、私は光一さんの響かせにいく低音がかなり好きです。(全部やないかい)

街角にはクリスマストゥリー

剛さんの「トゥリー」めっちゃよくないですか?なんかこの「トゥリー」にすごく昭和感が漂っていて私は好きです。

雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう

光一くんの歌いだしよかったですね~。個人的には剛くんより光一くんの方が達郎さんに寄せてる感じがしました。光一さんの方が元々の歌い方が達郎さんと真逆なので、寄せた感が出ているのかもしれません。剛さんの方が元々の歌い方が似てる気がしますが、寄せた感がなくナチュラルに感じます。

きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ

ここでようやくハモリの登場です。剛くんがメイン、光一くんが上ハモ、KinKi Kidsの定番パターンです。

『クリスマス・イブ』所感

前半でじっくりソロパートを聞かせて、徐々にユニゾンとソロを織り交ぜた流れるような歌い継ぎ、そして、最後にようやくハモリ。二人の個性と、KinKi Kidsとしてのユニゾンとハーモニーの歌声を全て詰め込んだデュオならではの構成でした。

剛くんは以前にMISIAさんとのコラボも聞いたことがあったので、この曲が似合うということは何となく想像がついていたのですが、光一さんの声と切ない歌い方もこの楽曲に合っていてとても良かったですね。

そして、最後は両手を広げて、アラレちゃんのような格好でお辞儀をしてから体をくねらせてちょける剛くん。キュートすぎか。

『Amazing Love』

昨年に引き続き、KinKi Kidsが第1夜のトリを務めました!今回は25周年記念ソング『Amazing Love』をたっぷり2番まで歌わせてもらって、ピアノには武部さんと、非常にスタッフさんの愛を感じる構成でした。

ぽんず
ぽんず

真っ白な衣装で儚げキラキラアイドルKinKiちゃん。とても43歳とは思えない。天使かな?

歌い出し

歌いだしの剛くんパート、高めの音で決して簡単な音ではないですが、いきなりバチンと当ててきますね。さすがです。力強い剛くんの歌声とちょっと切ない感じの光一さんの歌声の掛け合い。これだけでKinKi Kidsを感じます。

君の声が僕を 僕の声が君を…

ここのユニゾンもかなり良かったですね。『クリスマス・イブ』以上に二人の声が重なっていました。やはり持ち歌は違いますね。からの、光一さんから「カモンッ」いただきました~!

ぽんず
ぽんず

アップありがとうございます!よっ!イケメン!よっ!王子!よっ!よっ!(うるさい)

イントロ部分の音も達郎さん節で非常に好きです。武部さんのピアノを筆頭に駆け出して、オケさんの助走も完璧に決まったうえで、剛くんの歌いだし…!はい、どーぞ!

『Amazing Love』1番

通りすぎる風の音 引き止めることはしない

出逢ったその瞬間に別れは始まっているけど

この曲をラジオで初めて聞いたとき、歌い出しで泣きそうになってしまったんですけど、剛くんが「君の声」や「風の音」という『Topaz Love』にはなかった聴覚の情報が盛り込まれていることに気付いてすごく驚きました。

剛くんの力強い歌声には牽引力がありますね。途中から光一さんのハモリも加わり賑やかに。ギターのカッティングがいつもと違うな~と感じたのですが、FNSバージョンなのでしょうか。裏に重心があるというか、あまり駆け出してる感がなくて、少し落ち着いた雰囲気に感じました。

不安か・も・し・れ・な・い・でも

孤独・か・も・し・れ・ない・でも

改めて文字に起こしてみると、ここの歌割りすごい、というかヤバイですね(笑)一文字ずつのソロパートに、ユニゾンとハモリも織り交ぜて、いやぁ…恐ろしいです(笑)

剛さんパート「ない」のところの「な」が飛んで「い」だけになってますね。かなりややこしい歌割ですし、ある程度のミスも仕方がないのかなという感じですが。むしろ、間違えたことにより、生歌が証明されてしまいました。

1サビ

サビ前の副旋律というのでしょうか、KinKiの歌声と掛け合うギターのメロディーもいい塩梅です。達郎さんの曲は本当にバランスが良いといいますか、欲しいところにちゃんと音が来る感じがすごいなぁといつも思います。

サビは一貫してユニゾンで力強く。「君と僕の声」を強く感じる構成です。「青く」と「赤く」に合わせて背景の色を変えてくれていますね。素敵な演出をありがとうございます。

間奏ではピアノを弾く武部さん!そして円卓の後輩くんたちも!皆さん、とてもいい表情をされています。KinKi Kidsの歌声を聴いて何か感じ取ってもらえたら嬉しいですね。

『Amazing Love』2番

2番ではメインとハモリが入れ替わります。KinKi KidsはどっちがどっちをやってもKinKi Kidsの音色になりますね。

悲しい・か・も・し・れ・ない・でも

寂しい・か・も・し・れ・ない・でも

二人ともしれっとやっていますが、相方の一音を受けて、瞬時に同じテンションの一音を投げ返すラリーを、生放送生歌生バンドのあの場所で、相方のことを一瞬たりとも見ずに、ユニゾンとハモリも挟みながら容易く投げ返していますからね。さすがのデュオ歴25年です。

2番の方が安定感がありますね。やはり剛くんの歌声に合わせることにおいて、堂本光一の右に出るものはいないと感じます。

めちゃくちゃ細かいところですけど、「time」の「む」と「Again」の「あ」のリンギングが個人的にHekiでした。

2サビ

Bメロの歌割りが気になりすぎて見過ごしてしまいそうになりますが、サビのメロディーも相当難しいですよね。

いきなり高音からしかも急降下の低音。駆け上がり方も急かつ綺麗な飛び方じゃなくて、非常に音が取りづらい。ちなみに私レベルの素人では、音程通りに歌うことすら厳しいです。

よくもまぁ、こんなにサラッと歌ってますよね。二人とも「プロ」なんだと改めて感じます。

ラスト

そしてこちらも見過ごしてしまいそうですが、Bメロの「Magic time」といい、ラストの「La La Love!」といい、繰り返しのメロディーを聞かせるのって、すごく難しいです。

特に最後の「La La Love!」は6回もありますからね。音程音量をキープして歌うだけでも、かなりエネルギーを使うんじゃないでしょうか。その上、6回も繰り返してダレない表現力。二人とも凄まじいです。

KinKi Kids挨拶

歌終わり、「円卓がジャニーズ勢だらけでやりづらい」と光一さん。いや、後輩くんたちすごい良い表情してましたよ。本当に、KinKi Kidsのことみんな応援してくれてました。

相葉ちゃん
相葉ちゃん

25周年、どんな年でしたか?

光一
光一

ファンの皆さんの支えはもちろん、今日のFNSに至ってもこうやってトリをやらせていただいてスタッフの皆さんの愛情を感じましたし、演奏も武部さんをはじめとして、本当に皆さん素晴らしい演奏の中歌えて幸せでした。ありがとうございました。

剛
剛

本当に支えてくださったスタッフの皆さんとか、懐かしい人たちとイベントを通してたくさんお会いすることができまして、それにも改めて感謝ですし。本当にファンの皆さんはじめ、こうして支えてくださっている皆さん。そしてね、菊池風磨くんはじめ後輩の皆さん。

風磨くん
風磨くん

勘弁してください(笑)

光一
光一

なんではじめなの?(笑)風磨くんはじめ、あそこはじめなの?

剛
剛

さっき「言ってください」って。メールで言ってきた…

「FNS歌謡祭2022」出演を振り返って

これだけ難易度の高い楽曲を、このクオリティで歌えるアイドルはKinKi Kidsの他にいないでしょうね。もうデュオの究極の形と言っても過言ではない、今のKinKi Kidsだから歌える曲です。

改めて『Amazing Love』という素晴らしい楽曲に、25周年で2人が出会えたこと、本当に感謝です。「ここから始まるよ」という歌詞の通り、まだまだ、もっともっと、KinKi Kidsのこの先が見たいと思わされるような、そんなパフォーマンスでした。

改めてFNS歌謡祭に関わってくれたすべての方々にありがとうございますの気持ちでいっぱいです。とても素敵なパフォーマンスでした。ブラボーでした👏

コメント

タイトルとURLをコピーしました